image

国内初、「Enterprise Ethereum」を活用したブロックチェーン「スマートコントラクト」の実証実験を開始
「AI×IoT×ブロックチェーン」による次世代サービス基盤を検討

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司、以下「KDDI」)、株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島康之、以下「KDDI総合研究所」)、クーガー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:石井敦、以下「クーガー」)は、2017年9月27日より、国内で初めてEnterprise Ethereum (注1)を活用した「スマートコントラクト」の実証実験を開始します。
また、KDDIは、同日より、Enterprise Ethereum Alliance(以下、EEA)(注2)に加入しました。

「スマートコントラクト」は、ブロックチェーン(注3)を活用した技術によって、あらかじめ
取り交わされた約束や契約を、改ざんが困難な形でプログラム化し、条件が合致した際、自動執行する仕組みです。

この度の実証実験では、当社の既存事業に加え、非金融事業を含めEthereum(注4)等のプラットフォーム上で開発されたオープンサービスや、協業先サービス連携を想定した「スマートコントラクト」活用の事業上および技術上の課題と効果を検証します。
第一弾として、KDDI、KDDI総合研究所、クーガーは共同で、ブロックチェーン技術を活用し、携帯電話の店頭修理申し込みから完了までの工程における、リアルタイムな情報共有およびオペレーション効率化の可能性を検証します。
さらに「スマートコントラクト」により、修理事業とは別事業であるリユースサービスなど異なる事業者間におけるシステム連携の可能性を技術検証します。具体的には、携帯電話の修理の際、修理価格、機種変更価格、中古市場価格など異なるシステム間の情報をプログラムが自動判別し最適な契約が行えるかを検証していきます。


また、KDDIとクーガーは、修理事業の実験にとどまらず、お客さまに寄り添った新たな体験価値の提供を目指し、IoT、AIなどの技術と「スマートコントラクト」を組み合わせた複数の実証実験を行っていきます。

KDDIは、今後AI・ロボティクス・ブロックチェーンの応用開発を進めるクーガーに加え、ブロックチェーンデベロッパーのトライデントアーツ株式会社、リーガルテックの株式会社ケンタウロスワークス、EEAの加入メンバーと連携し、「AI×IoT×ブロックチェーン」による次世代サービス基盤の開発を検討してまいります。


(注1)企業向け分散アプリケーションのためのプラットフォーム。
(注2)Enterprise Ethereum技術のユースケースの共有、標準化の策定、オープンソースプログラムを開発するためのアライアンス。参加企業は150社を超える。
(注3)複数のコンピュータがそれぞれ分散型合意形成を行うことで、常に稼働しデータの改ざんを困難にする仕組み。中央の管理者が存在しなくても、ネットワーク上の複数の参加者が安全にデータを共有することが可能になる。
(注4)ブロックチェーン上で中央管理システムが存在しなくても自動的に稼働する「非中央集権型アプリケーション(DApps)と「スマートコントラクト」を構築し実行できるアプリケーションプラットフォーム。


【参考1】インターネットに次ぐ大革命「ブロックチェーン」で、私たちの暮らしはどう変わる?
【参考2】話題の「ブロックチェーン」。仮想通貨を支えるそのスゴイ仕組みとは!?

27 September 2017

image

image

「Blockchain EXE × WIRED:ブロックチェーンはいかにモビリティを更新するか?」9/22・23開催

クーガー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO石井敦 以下、「クーガー」)とWIRED(運営:コンデナスト・ジャパン)は、ブロックチェーンに関するエンジニアコミュニティ「Blockchain EXE(ブロックチェーン エグゼ)」とのコラボイベント「Blockchain EXE × WIRED:ブロックチェーンはいかにモビリティを更新するか?」を、9/22・23に開催いたします。

「Blockchain EXE」は、今後あらゆる産業に広く応用が期待されるブロックチェーンに関する技術面の共有に重きを置いた、エンジニア及び技術に興味を持つ人達のコミュニティです。月1回ペースのミートアップを開催し、毎回100名以上が参加しており、スタートアップ、大企業、学術系などさまざまなバックグラウンドの人が集まり、技術情報の共有、意見の交換をしています。

現在変革しつつあるモビリティの世界でも、ブロックチェーンが革新のキーになり得る流れが起こっており、今回のワークショップでは、「モビリティを理解する者」「ブロックチェーンを理解する者」がモビリティの未来を考えた時にどのようなアウトプットが生まれるかを探ります。

【Blockchain EXE × WIRED:ブロックチェーンはいかにモビリティを更新するか?】
詳細ページ : https://wired.jp/2017/09/08/mobility-blockchain/
日 時 :
2017年9月22 (木) 19:00 - 22:00(トークセッション) 18:30開場
2017年9月23 (金) 15:00 - 20:00(ワークショップ)  14:30開場
場 所 :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-4 井門原宿千駄ヶ谷ビル 原宿サテライトB1

11 September 2017

image

Joined "Enterprise Ethereum Alliance". Promote the development of applied technology by 'AI x Robotics x Blockchain'
「Enterprise Ethereum Alliance」に加盟。日系企業としては他5社含め初参加ーー「AI x ロボティクス x ブロックチェーン」による応用技術の開発を推進

クーガー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO石井敦 以下、「クーガー」)は、5月22日(月)、「Enterprise Ethereum Alliance」に加盟いたしました。日系企業としては、同時加盟の他5社含め、初の参加となります(Enterprise Ethereum Allianceメンバー

「Enterprise Ethereum Alliance」は、ブロックチェーン技術を利用した分散型アプリケーションを構築するプラットフォームである「Enterprise Ethereum(エンタープライズイーサリアム)」の業界標準仕様を策定していく団体です。Enterprise Ethereumは、主要ブロックチェーンの一つである「Ethereum」をベースとし、企業のニーズに合わせたブロックチェーンプラットフォームであり、データのトラッキング、決済、データのプライバシー、コンプライアンス、アセットのトークン化をはじめ、用途の可能性は多岐に渡ります。
設立メンバーとしてマイクロソフト、JPモルガン、アクセンチュアなど欧米の大手企業約30社が参加しており、今回新たに86社が加盟しました。日本から加盟したのはクーガーを含め、三菱東京UFJ銀行、Toyota Research Institute Inc.など計6社です。

クーガーはAI・ロボティクスの領域を中心に事業を展開しており、AI・ロボット向けのAIラーニングシミュレーターの提供や、ロボットとクラウドをAI連動させるクラウドロボティクスの開発などを進めてきました。

AI・ロボティクス及びIoTによる自律世界の実現を考えた時、データのトラッキングや信頼性をどのように担保するかが世界的に大きな課題となっています。我々はそれらの問題を解決する技術がブロックチェーンだと考えています。今回のEnterprise Ethereum Alliance加盟により、「AI x ロボティクス x ブロックチェーン」を組み合わせた、自律走行や自律飛行などに代表される応用技術の開発を進めていきます。

22 May 2017

image

Honda R&D introduces AI learning simulator "Street"
本田技術研究所がAIラーニングシミュレーター「Street」を導入

弊社プロダクトのAIラーニングシミュレーター「Street」が、株式会社 本田技術研究所様に導入されました。

Streetは、人間や物体・環境などを3Dモデル化し、その状態や行動をバーチャル空間でシミュレーションさせることで、AI(人工知能)にあらゆる状況を学習させることができるAIラーニングシミュレーターです。

5 December 2016

image

Design consulting for AI-based KDDI next generation personalization system
AIを活用したKDDI次世代パーソナライズシステムの設計コンサルティング

AI・ビッグデータを活用したKDDIの次世代パーソナライズシステムに関する技術コンサルティングを行いました。

リアルタイムでの行動予測やパーソナライズアルゴリズムの検討に加え、大規模ユーザーを前提としたシステム構成設計などを実施しています。

31 October 2016