クーガー、伊藤忠商事株式会社と資本業務提携──生活消費関連分野でAI技術のソリューション提供を加速

クーガー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:石井 敦、以下「クーガー」)は、伊藤忠商事株式会社(代表取締役社長COO:鈴木善久、本社:東京都港区、以下:伊藤忠商事)と資本業務提携することで基本合意しました。

背景

クーガーは、ゲーム・画像認識AI・ブロックチェーンなど、幅広い先端技術で豊富な開発実績を持っており、これらの技術を横断して、まるで人間のようにコミュニケーションできる人型AIエージェント「コネクトーム」を独自に開発・提供しています。

人型AIエージェントは表情や動作を交えて人とコミュニケーションを図る事ができます。一般的な音声アシスタントに比べてユーザーが自然に対話しやすく、小売・ヘルスケア・教育分野における人手不足の解消や新しいエンタメ・広告のサービスなど幅広い活用が期待されています。

また、伊藤忠商事は中期経営計画「Brand New Deal 2020」にて新技術を活用したビジネスモデルの進化を目指しており、「コネクトーム」のような先端技術を活用したプロダクト開発に長けたクーガーとの提携がこれに合致することから、今回の資本業務提携が実現しました。

狙い

クーガーは今回の資本業務提携により、「コネクトーム」をさらに進化させていくとともに、伊藤忠グループのネットワークを活かし、国内外への展開を進めて参ります。特に、伊藤忠商事が強みをもつ生活消費関連分野や、介護・教育・エンタメ等幅広い分野における人型AIエージェントの実用化および新たなサービスの創出に取り組んで参ります。

クーガー株式会社について

AI・IoT・AR/VR・ブロックチェーンを組み合わせた、人型AIエージェント「コネクトーム」の開発・提供を行なっています。
画像認識AIに強みを持ち、主要国際学会での技術論文採択実績や国際的なコンペティションでの上位入賞など、その技術力は世界最高レベルです。
また、国内トップセールスのゲーム開発や大規模検索エンジン開発、ブロックチェーンを活用した様々なプロジェクト実績など、幅広い技術を横断した開発に取り組んでいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事